黒松軍団、全員復活!夏の暑さで元気もりもり( ̄▽ ̄)<実況中継16>

黒松の室内越冬組は、前回の実況中継15の通り、葉が薄茶になってしまいましたが、7月から8月にかけて復活してきました。枯れたのは1本もありません。ギュンと伸びるのもいれば、ずんぐり伸びるのもいてそれぞれ違いますが、元気です。屋外越冬組は6月ま… 続きを読む →

寒さで黒松室内越冬組に大打撃!あぁ‥( ;∀;)屋外越冬隊は寒さに強くツラっと<実況中継15>

葉が茶色に変色した黒松の軸切り挿し芽室内越冬組の今の姿です。軸切挿し芽をしていないそのまんま中隊、くね小隊もことごとく葉が茶色になって枯れてきました。木自体は枯れてはいませんが新芽は全滅です。あぁ‥( ;∀;)、この先どうなってしまうのか‥… 続きを読む →

氷点下20度に耐えた!黒松軸切り挿し芽越冬隊に雪解け<実況中継14>

オホーツクの冬を乗り越えた黒松軸切り挿し芽の越冬隊が雪の下から顔を出しました。おぉ!!全員無事のようです。葉の色が紫で相当寒かったようですが、新芽がしっかりと生きています。道南が北限の黒松が氷点下20℃という厳寒の地で冬を越せるのか?のテス… 続きを読む →

もうすぐ春!黒松の軸切り挿し芽室越冬隊<実況中継13>

連日、氷点下20度を下回る厳しいオホーツクの冬を、暖かい部屋でぬくぬくと越した黒松の軸切り挿し芽室内越冬隊は、もうすぐ春を迎えるのです。そのまんま中隊と、クネをつけた曲がり小隊も全員無事。あと1ヵ月ちょっとで外の空気を吸えるところまで来まし… 続きを読む →

うどん粉病になった百日紅の復活!

2017年10月31日にうどん粉病の治療をした百日紅(サルスベリ)は、葉がだんだんカサカサになって12月の初めには全部落ちてしまいました。ところが、1月の下旬からもりもり復活してきました。おぉ!また、あの赤い花を見ることができるかも知れない… 続きを読む →

梅の花いろいろ・ブログ展示会<怪員のみなさんの梅です>

梅の開花の季節になりました。ブログ「ミニ盆栽の作り方」のメルマガを読んでくださっている方とweb凡才会(記事の最後のメモ参照)の怪員の方が育てている梅も次々と咲きました。今回はブログで展示会を開催します。素晴らしいのやカワイイのがいぱいある… 続きを読む →

清梅焼の「通水性」は素焼き鉢の17倍!それでも乾かないのはなぜ?

水を吸い上げる驚異の鉢「清梅焼」の通水性をテストしました。通気性が良く盆栽の素材を育てるのに良い素焼鉢と比較した実験です。水が抜けていくスピードは‥‥なんと素焼鉢の17倍でした。すごく乾きやすいことになりますが、 清梅焼は乾きにくいのです。… 続きを読む →

梅の盆栽 花が咲いた後は‥‥どうする?

「梅の盆栽、花が咲いた後はどんな手入れをしたらよいのでしょう」こんなご質問がありました。次の年も花を咲かせるために、まず最初にすることは‥‥萎れた花をみんな摘み取ってしまうのです。あぁ‥( ;∀;)‥‥でも、とても大切な作業なのです。 スポ… 続きを読む →

冬を迎えた黒松の軸切り挿し芽越冬隊<実況中継12>

発芽からほぼ1年が経過した黒松101本軍団の軸切り挿し芽越冬隊が屋外で越冬中です。氷点下5~10℃の日もあります。葉の色が紫に変色していますが、大丈夫そうです。これから12月。越冬隊は雪の下でオホーツクの本格的な冬を迎えるのです。 スポンサ… 続きを読む →

幹を太くするための3つの方法<メリットとデメリット>

「幹を太くするにはどうすればよいのでしょうか?」こんなご質問をいただきました。盆栽を始めた人なら誰しも「幹を太くしたい」と思いますよね。怪長もういつもそう思っています。そこで、幹を太くする方法Vol.2をご紹介します。 スポンサード リンク… 続きを読む →

メルマガ【ミニ盆栽の基礎講座】


ミニ盆栽の基礎講座をメールで毎朝、配信します。
無料です。 プレゼントもあります。
詳しくはこちらをクリックしてね (^^♪

スポンサード リンク

盆栽ブログがたくさんあるよ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村


盆栽 ブログランキングへ


盆栽 ブログランキングへ

おぉ~!1位になってる!(^^)/
ありがとう!

▲トップへ戻る