筋肉の違いが分かるひざ立て倒しと失敗談|体験その5

この記事は2分で読めます

ポジティブオジサン(ブログ管理人)が、ひざ立て倒しをつづけた理由は
1 筋肉と筋を無理なく伸ばし、リラックスさせる
2 「シコリになって動けない筋肉」「無理をして動いている筋肉」「さぼっている筋肉」を見分ける
この2つでした。

ストレッチのようでストレッチではない

1はストレッチの目的と同じですが、2の方はストレッチの目的にはないものです。

ポジティブオジサンにとっては、2の目的の方がずっと重要で、それをしているうちに自然に1ができてしまうという感じです。

 

ストレッチとすごく似ていますが、ストレッチのようでストレッチではない、というのがポジティブオジサンの認識です。

 

同じ腰痛でも、痛みのある場所、その原因、痛みの度合い、治るまでの時間‥みんな違います。

生活の習慣や仕事、体の特徴が人によって違うからです。


とはいっても、目的の2にある筋肉の3つの違いは、共通しています。

このため、「さぼっている筋肉を働かすことで、無理をしてきた筋肉を休め、全体のパワーを上げる」という考え方は、とても重要だと考えています。

 

前回の記事:さぼっている筋肉と無理して頑張る筋肉|体験その4では
膝を立てる角度をいろいろ変えて、ひざ立て倒しをしてみたと書きましたが、
それ以外にもいろいろと試してみました。

筋肉の違いをみつけるのは面白い

腰に当てる枕の位置を10㎝ほど背中の方にずらしてみたり、枕の高さも変えてみました。

すると、ひざ立て倒しのパターンはすごく増えてきます。
1 立てる膝の角度(足を組んで倒すこともある)
2 枕の位置
3 枕の高さ
これをいろいろ組み合わせて、ひざ立て倒しをすると、筋肉の動きに違いがあるのも分かってきます。

ポジティブオジサンは、その違いを発見するのを面白がっていました。

 

枕を高くしすぎて失敗

ところが、枕を20㎝ほどまで高くしたときに、腰に痛みを感じるようになりました。

同時に、当てた枕の位置から足に向かって、力が入らない状態になりました。

痛みは腰を反りすぎたことによって、筋肉が伸びすぎたか?

力が入らないのは、血管が圧迫され筋肉の血の気が引いて酸欠になったためです。

 

「調子に乗りすぎると大変な目に遭いますよ」と、腰の筋肉に言われた気分で、焦りました。

 

それからというもの、無理な動きをせず、ひたすら低い枕でひざ立て倒しを繰り返しました。

 

3つのパターンを組み合わせると、やることが増えて時間もかかります。
そこで、ペースを速めていきました。
そのころには、力を抜くことにも慣れてきましたから、2秒で往復1回のペースになっていました。

 

動かすコツは、「ひざを戻すときに使う筋肉にだけ、瞬間的に力を入れる」です。

 

息をフッと吐ききり、同時に筋肉にピクッと力を入れる。
同じ場所で何回もやらない。せいぜい10回。それができたら枕の位置を変えるか、膝の高さを変える。

それを毎日30分ほど続けていました。

 

腰に枕を当てて仰向けになり「何もするな」「眠るな」と柔道家に教わってから1年近くになっていました。

 

腰痛もかなり良くなっていました。
朝、両手で顔が洗えないほど痛い日は、1週間に1回程度にまで回復してきました。

 

そのころからポジティブオジサンは「腰痛は治すことができる」と、思うようになりました。

 

次回は、ひざ立て倒しがストレッチにそして運動にしていくお話しです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

abo



初めましてポジティブオジサンです。

40年間も悩まされ続けた腰痛を病院や治療院に通わずに、自宅で完治させました。

一時は朝の洗顔すらままならなかった腰痛ですが、考え方を少し変えたら、治す道筋が見えてきました。

このブログでは腰痛を改善する3つの実戦的アプローチを紹介していきます。

プロフィールはこちらからどうぞ

カテゴリー

アーカイブ